大事な家族のための保険と供養|ペット向けの専門サービスの利用

ペットの供養

Dog

人間だけでなく動物にも寿命はあり、いつかは亡くなってしまいます。特にペットを飼っている人には動物の死は身近なものになってきて、とても辛いものになってきます。もしもの時はペットもしっかりと供養をしてあげることです。

詳しくはコチラ

メリットがある

Dog

ペット保険に加入する人は年々増加傾向にあります。ペットに対する医療技術が進んできており、病気によって高額な治療費はかかるけれど治る可能性が高い病気も増えてきているためです。

詳しくはコチラ

長寿化の現実

Dog

できるだけ長く一緒にいたいのはペットに対しても同じ気持です。最近では治療できる病気もありますので、ペットの長寿化が見られます。ですが、治療費は高いので保険に加入しておくことが勧められます。

詳しくはコチラ

しっかりとした供養を

信頼することのできるペット供養業者を探しているときはコチラを利用しましょう。無料相談サービスも活用できますよ。

子犬を飼いたいとお考えの方はコチラですよ。柴犬のブリーダーをお探しの場合にも役立ちます!愛らしい子犬が見つかりますよ。

ペット供養にかかる費用の傾向とは

Dog

愛犬や愛猫が亡くなったら、しっかりしたペット供養を行いたいと考える飼い主さんが増えています。では、ペット供養をするには、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。まず、愛するペットの遺体を火葬した場合には、遺骨を骨壷に入れて飼い主さんの元に届けるサービスもあります。 もし、その骨壷を埋葬するなら、合同供養塔を選ぶ場合は無料の時もありますが、お金がかかっても大体数千円ぐらいになります。しかし、骨壷を納骨堂に収める場合は、1年に1万円〜数万円のお金がかかってくることが多いです。また、ペット霊園にお墓を作る場合には、およそ10万円以上のお金がかかることもあります。 そして、自宅に骨壷を飾ってペット供養をするという飼い主さんも増えています。その場合は、ペット用の小さな仏壇や写真を飾っておくフォトフレームなどが必要になることもあります。それらの値段は、大体数千円〜数万円ぐらいの金額となります。

日本では昔からペットを手厚く供養してきた歴史がある

日本では第二次世界大戦前から、お寺などでペットの飼い主さんがペット供養を行うことがあったようです。しかし、それは主にお寺のお坊さんが行っており、宗教的な一つの儀式になっていました。そして、戦後になると、人間に貢献してくれた警察犬や盲導犬などを供養するための供養塔が建てられるようになりました。 今のようなペット供養が始まったのは、昭和20年代頃に東京に存在した「動物霊園」がその始まりであるといわれています。そのペット供養の風習は、昭和30年代になると関西地区にも広がりを見せました。その後、名古屋の地域にもその風習が広まっていったといわれます。「ペット葬儀」や「ペット供養」という言葉には、新しいものという響きがありますが、実はわりと古い歴史をもっているのです。

ペット火葬を頼むならこちらへ!どこの業者に頼めばいいか迷っているならこのサイトで探してみましょう!